喜んでくれますように…婚約指輪選びに迷ったときのヒント!

月収にこだわる必要があるか

婚約指輪を買うときに悩んでしまう理由の一つとしてよくあげられるのが、月収の何倍くらいの値段のものを買ったら良いのかがわからないからというものです。古き時代には月収の三ヶ月分が常識ということもありました。それが一ヶ月分だという説もあって惑わされてしまいがちなのです。せっかく贈るものだから婚約を成就させるだけでなく、心から喜んで欲しいと考えると高価な物を選びたいと考えるのはもっともなことでしょう。数百万円の婚約指輪もあることから、どれだけのお金を出せば良いのかと考えてしまう人は多いのです。しかし、より重要なのは似合うかどうかであり、お金を積むよりも彼女の姿をイメージして普段から身につけて似合うデザインのものを選ぶ方が喜ばれます。

宝石の種類はダイヤモンドが必須か

もう一つ悩みの種になりやすいのが宝石です。ダイヤモンドが婚約指輪の宝石として一般的であり、何カラットの物を選んだらよいのかと悩んでしまうことがよくあります。大きくて価値の高いダイヤモンドの方が喜ばれやすいのは確かですが、それにこだわらないという考え方も大切です。ダイヤモンドが付いていなければならないというルールがあるわけではないため、他の宝石を使っても問題ありません。彼女の誕生日を考えて誕生石を使った婚約指輪を手配するのも一興でしょう。彼女の誕生日もわかっていない男性も少なくないため、自分のことをよく理解してくれているという印象を与えられるのが誕生石を使うメリットです。誕生日を裏側に刻印してもらったシンプルな指輪でも気持ちは十分に伝えることができます。