あんまり知らない、エンゲージリングの本当の意味って?

エンゲージリングの意味は「誓い」と「保障」

日本でもすっかり定着しているエンゲージリングの習慣ですが、その由来や意味はあまり知られていません。その起源は古代エジプトにあり、互いに真実を誓い合う証、また二人の絆の象徴でした。また、紀元前のローマでは婚約の儀式において、鉄の輪を贈る習慣がありました。この婚約の証としての指輪に財産性が加わったのは、9世紀、時の法王ニコラス1世の布告によるものでした。その内容は、「婚約に際しては、必ず一財産がかかるような高価な指輪を贈ること」という具体的なもので、それには万が一の事態に対する保障の意味がありました。夫の身に何かあった場合、残された家族の生活費にできるようにという配慮だったのです。そのため、指輪の素材や使われる宝石も、高価なものであれば特に決まりはなく、また当時はダイヤモンドを磨く技術がなかったため、ルビーやサファイヤなど様々な宝石が嵌められた指輪がエンゲージリングとして贈られていました。

エンゲージリングに加わった新たな意味とは

ダイヤモンドが宝石の王者となって以来、その特別感のあるイメージと耐久性、財産性から、エンゲージリングにもダイヤモンドが使われることが多く、そのデザインも石を際立たせる立爪のシンプルなものが主流でした。しかし近年では、宝石の種類やデザインを自由に選ぶ女性が多くなってきています。特別な指輪なのだから個性的で華やかなデザインを、という考え方もありますし、立爪は服に引っかかりやすいから、普段使いができるようなもののほうがよい、という現実的な問題もあるのです。また、贈る側である男性も、せっかくなら女性の好みに合ったものを贈りたい、あるいは宝石言葉を調べ、自分の気持ちに合った意味を持つ宝石を贈りたいという人が増えています。エンゲージリングは現代において、婚約の証、いざという時の保障に続き、お互いの気持ちを表現するためのものという、新たな意味を得たと言えるでしょう。